市の上空をオスプレイが飛んだ!

10月25日山陽地区の人から午前10時ころ、畑に居たら上空をオスプレイが2,3回旋回していた、という連絡が入りました。市役所に確認したところ、県の危機管理課に問い合わせしたが、何も情報はないという返事だったということでした。しかし広島県の防衛局に問い合わせしてくれた人によると、横田基地から岩国基地へ飛行したという確認が取れたということでした。問題はたびたび深刻な事故を起こして危険な戦闘車両が、上空を飛んでいることを地元の市や、県が知らない!ということです。市に対して今後の対応を求めていきます。

今回の西日本災害から何を学ぶのか。

ショッキングな新聞報道がありました。8月6日の山陽新聞に「42%は救助された!」と一面にありました。岡山県の死者は61人と発表されましたが、実は逃げ遅れて救助されて助かった人が42%もいたということです。救助されなければ、さらに死者は増えていたと考えると、恐ろしい事態だったのだと心が痛みます。
そこで防災マップの見直しと活用について提案します。 “今回の西日本災害から何を学ぶのか。” の続きを読む

9月議会の一般質問から

現在赤磐市内に多くのソーラー発電事業者が入っています。特にため池に設置する方式のソーラー発電が多くみられます。その中で、熊山地区にある沢原大池ではすでに発電が開始されています。
今回問題にしたのは、この業者が沢原大池を20年間ソーラー発電のために、市の「法定外公共物管理条例」に基づいて占用料の1㎡あたり200円を負担するはずでした。
しかし市長は無料にしたのです。1年間通常料金でしたら約506万円、市に収入として入るはずでした。しかし無料です。このことについて市長権限で裁量だからという理由について、納得できる答弁を求めました。 “9月議会の一般質問から” の続きを読む

反社会的勢力が公共事業に関与したという報道について

問題の市民病院跡地利用の「複合型介護施設の設計・建設業務」の入札について、昨年10月に「不正情報」があったため、厚生委員会は「赤磐市公正入札調査委員会」に調査を求めました。結果は「調査に当たらない」という結論でした。しかしこの度同じ入札が警察発表で、暴力団による関与が認められ、逮捕者が出る事態になりました。 “反社会的勢力が公共事業に関与したという報道について” の続きを読む

広河隆一さん来岡! 講演会が無料で開催されます!

この夏、市立図書館で開催した「広河隆一さんの写真展」には6日間で延べ550人もの参加者がありました。今回、広河隆一さん本人を岡山県にお招きして、講演会を開催することが実現しました。貴重な機会であり、また無料ですので、どうぞご参加ください。(詳細はチラシをご覧ください)

12月2日(日)午後1時30分から
労働福祉事業会館(岡山市北区津島西坂1-4-18)

原田そよ議会報告2018年11月

今年は稲が熟すのが遅れたようで、11月半ばまで刈り取りを待つ田んぼが多くみられました。産直市場では、冬野菜がすでにたくさん出荷されています。寒さとともに鍋用の野菜が産直値段で安く手に入るのが嬉しいです。地産地消で、地域の農産物を買い支えることも大切です。

11月8日の新聞報道には驚きました。

反社会勢力の暴力団が、赤磐市の公共事業に市会議員をつかって便宜を求め、謝礼として約100万円を渡そうとして本人が受け取らなかった、という報道でした。現職の市議が暴力団と関わっていたこと、市の事業が暴力団に便宜を図って進められているということ。これについて厚生常任委員会の、この間の経緯について報告します。

12月議会予定   傍聴においでください。

11月27日(火)10:00~ 本会議(議案の上程)
29 日(木)10:00~ 本会議(一般質問)
30日(金)10:00~ 本会議(一般質問)
12 月 3日(月)10:00~ 本会議(一般質問)
5 日(水)10:00~ 本会議(質疑・委員会付託)
7日(金)10:00~ 産業建設常任委員会
10日(月)10:00~ 総務文教常任委員会
11日(火)10:00~ 厚生常任委員会
18日(火)10:00~ 本会議(委員長報告・質疑・討論・採決)

原田そよ議会報告2018年7月

この度の西日本大水害によりお亡くなりになった皆様に、心から哀悼の意を表します。また家屋、農業、漁業など生活の糧を失い途方に暮れている被災者の皆様にお見舞い申し上げます。
赤磐市内でも床上被害が23件、床下被害が53件。道路は187件、河川49件、田35件、畑72件(7/15現在のまとめ) が報告されています。
ため池も7件の被害が報告されています。

平時では気づかない災害の危険性について、今回の甚大な被害を教訓としなければ、被害にあった人々の無念に応えることはできないと思います。様々な災害のシュミレーションで、関係団体と合同の避難訓練を行うことで、かなりの気づきが出てきます。このことは防災士育成に特段の取り組みを行ってきた赤磐市としては、真っ先に行動すべきことだと思います。市民からも地域で不安な箇所について声を上げてください。次は赤磐市が大災害の地域にならない保証はありません。

9月議会の予定   傍聴に来て下さい

8月30日(木) 本会議(議案の上程)
31日(金) 本会議(議案の上程)
9月3日(月) 本会議(一般質問)
4日(火) 本会議(一般質問)
7日(金) 本会議(質疑・委員会付託)
11日(火) 本会議(決算審査特別委員会)
12日(水) 本会議(決算審査特別委員会)
13日(木) 厚生常任委員会
14日(金) 産業建設常任委員会
18日(火) 総務文教常任委員会
27日(木) 本会議(委員長報告、質疑、討論、採決)

 

市の農業政策に深刻な事態がやってくる!

国は今年の4月1日、「主要農作物種子法」を廃止しました。この法律は1952年から、米、麦、大豆の主要作物を国が補助金を出し都道府県に責任を持って、種子の保管、品種改良等を行うことを義務付けた法律です。この法律を突然廃止した背景には、TPP11の施行に配慮しています。米、麦、大豆の主要エネルギー作物がTPP11によって多国籍企業(モンサント社など)が国内農業に種子と農薬をセットで販売する条件を整備しているものです。 “市の農業政策に深刻な事態がやってくる!” の続きを読む

だれも言っていない使用料がタダの理由

市内には、ため池にソーラーパネルを設置したい業者があちこちに来ています。毎日新聞の6月15日付け記事によると赤磐市は「太陽光の銀座」と事業者に呼ばれているとあります。なぜなのか、理由がわかりました。 “だれも言っていない使用料がタダの理由” の続きを読む

請願「ソーラー開発に対し条例(アセスメント)を求める請願」の賛成討論

ソーラー開発は全国で環境、景観問題となっていて、すでに今年の2月10日現在全国で32道府県、13市が自然環境や景観への影響を懸念して独自の条例を実施しています。環境、作物、防災等についての懸念が払しょくされないまま、事業の許可を出すのは、市民の健康、生命、財産を守るべき行政とはいえないと訴えています。
さらに深刻なのが、契約期間終了後の「現状回復」の義務についてです。 “請願「ソーラー開発に対し条例(アセスメント)を求める請願」の賛成討論” の続きを読む